responsive website templates

© Copyright 2019 LEND WALLET - All Rights Reserved

レンドウォレット社の歴史

History of Lend Wallet

2008/05/03                           

レンドウォレット社を設立

米国でレンドウォレット社を設立しました。当初は、ソーシャルレンディングと言わず、マイクロファイナンスと呼んでおり、資金繰りに困った一般市民に低金利で融資をしていました。

2010/02/02

融資額が50万ドルを超える

毎月の融資額が米国国内で50万円ドルを超えました。シカゴを中心にマイクロファイナンス事業者として安定した地位を気づき始めます。

2012/03

オンライン融資を開始

対面で融資を決めるだけでは、お金を貸せる人数に限界があると感じ、レンドウォレット社はオンラインビデオを通じて米国全土の人に資金を融資するシステムを稼働させました

2014/03

暗号通貨、そして世界へ

レンドウォレット社の代表であるRoryは、米国のみではなく、世界中の資金繰りに困った生活者に融資を行いたいと考え、送金も早く、透明性が強いブロックチェーンシステム、暗号通貨システムに興味を持ち、暗号通貨でのソーシャルレンディングを開始しました。

2016/03

ビットコインでの融資額が
1万ドルを超える

ビットコインが社会へ定着をし始め、暗号通貨による融資を認められるようになってきました。レンドウォレットでは、暗号通貨による融資額が1万ドルを超えました。

2017/03

仮想通貨ウォレットとして

レンドウォレット社が保有する資金だけではなく、世界中の暗号通貨を人に貸したい投資家と、お金を借りたい生活者をマッチングさせるため配当型ウォレットを世界で初めて提案しました。

2018/04

ソーシャルレンディング
No1

ソーシャルレンディングを仮想通貨で行う事業者として、融資額の合計が100万ドルを超えて、世界で一番暗号通貨をソーシャルレンディングとして貸す会社としてレンドウォレットが認められました。

2019/03

アジアへ

そーシャルレンディング業社がアジア国内で行政処分を受けたり、倒産したりする中でレンドウォレット社はアジアへ勝機を見出しアジア進出を始めました。